過食嘔吐に苦しんだ17年間のブログまとめ

私が過食嘔吐を乗り越えるまでの道のりブログ

  • トップページ
  • 中学時代
  • 高校時代
  • 大学時代
  • 就職・結婚
  • そして、現在・・・
  • 就職・結婚~赤ちゃんがほしい

    社会人になってからのブログ

    過食嘔吐を治そうと一度は心療内科に通ったものの、続かなかった大学時代。大学を卒業し、就職・結婚してもなお、食べては吐くの日々でした。20代の頃に書いていた、自分自身のブログを振り返ってまとめています。

    就職して結婚した…それでも過食嘔吐は止まらない

    摂食障害の治療もままならないまま、大学を卒業。付き合っていた彼とは、結局、長く続きませんでした。「痩せた子が好き」という彼のために過食嘔吐を続けたものの、お母さんにばれてから、私の気持ちがちょっとずつずれてしまって、彼といるのが、だんだん息苦しくなってしまったんです。

    鳥かごイラスト

    就職をして、就職先で出会った男性と結婚をしました。夫は、私の体型や体重について、何も言いませんでしたが、私の過食嘔吐は治りませんでした。

    夫のいない間に食べて吐く。いつまでもこんな生活が続くのかと思うと、楽しいはずの結婚生活にも、希望が持てなかったんです。

    結婚して1年が経った頃、そろそろ赤ちゃんでも…という話になりました。もともと、彼が子どもが好きなことは知っていましたし、私自身も、子どもがほしいと思っていました。

    けれども、大学時代からの生理不順は相変わらずで、生理のない月も多々ありましたこのままじゃ赤ちゃんは産めないかもしれない

    今度こそ、本気で治療しようと思い、もう一度、病院に行くことを決意しました。

    摂食障害の克服に希望を持たせてくれた一冊の本

    病院での治療を決意したものの、以前行った心療内科では、また効果が感じられないかもしれない。そう思って、摂食障害を治してくれるお医者さんはいないか、必死で探しました。そんな時、本屋さんで一冊の本に出合ったんです。

    『なぜあなたは食べ過ぎてしまうのか―低血糖症という病』

    そのタイトルに心惹かれました。私の過食は病気だったの? 気持ちが弱いから「食べ過ぎて吐く」がやめられないのだと思っていたけど、そうではないの?

    病気なら、治療法があるのかもしれない。そう思ったら、目の前が一気に明るくなりました。

    摂食障害を克服できるかもしれない

    さっそく、本を買って調べてみると、著者はクリニック・ハイジーアという病院の先生だとか。

    その原因を突き止めて、なるべく薬を使わないで病気を治す「根本治療」を行っているそうです。

    この先生なら、なんとかしてくれるかも。そう思って、さっそくその病院に行ってみることにしました。

    現在~ついに過食嘔吐を克服

     
    過食嘔吐に苦しんだ17年間のブログまとめ